2022年のリミテッドエディション マモーショップでの展示・発売を開始

コレクター待望のイヤーモデルはきらめく真鍮をまとった名作照明

ルイスポールセンよりポール・ヘニングセンが手掛けたPHランプシリーズの中から、特別仕様のPH 3/3 ペンダントとPH 3/2 テーブルを“2022年のPHリミテッドエディション”として登場。
2022年のPHリミテッドエディションは、2023年1月31日までの期間で、mamo shop(マモーショップ)にて展示・販売します。すでにマモーショップにて展示をしておりますので実物をご覧いただけます。

「展示店舗および登録オンラインショップのみでの限定発売となります。」

mamoshop online store

上質な素材づかい

2022年のPHリミテッドエディションの特徴は、その上質な素材づかいにあ
ります。無塗装の真鍮をツヤなく仕上げたトップシェードです。無塗装の真
鍮表面は、時の経過とともにひとつひとつが異なる美しい古味をおびてい
きます。「3枚シェードシステム*1」の原理にもとづき設計され、内側を白色に
マット塗装したトップシェードは、テーブル一面に明るく柔らかい反射光を
集めます。トップシェードに続く2枚のローワーシェードには、イタリア製の
乳白ハンドメイド三層吹きガラスが採用されています。柔らかくで均一な光
を周囲に届けます。上質な素材づかいは、ヘニングセンが生涯追い求めた
照明への情熱にオマージュしています。コレクターズアイテムにふさわしく、
本体部分にヘニングセンのイニシャル“PH”が刻印されています。

PH 3/3 真鍮ガラスペンダント リミテッド

最旬のインテリア空間にも溶け込み、上質かつ豊かな雰囲気へと導きます。

トップシェードは無塗装の真鍮、2枚のローワーシェードにはイタリア製乳白ハンドメイド三層吹きガラスが採用されています。
イニシャル”PH”が刻印されています。
特別にあつらえた専用フランジには、トップシェードと同じへアライン仕上
げの真鍮(無塗装)が採用されています。
内側を白色にマット塗装したトップシェードは、テーブル一面に明るく柔らかい反射光を集めます。

仕様:PH 3/3 真鍮ガラスペンダント リミテッド

デザイン: ポール・ヘニングセン ランプ: E26 LED電球(白熱電球100W相当)
材質: トップシェード、ソケットカバー、フランジ:真鍮(無塗装)ミドルシェードおよび
ボトムシェード:三層吹きガラス.ディフューザーカバー:フロストガラス.仕上: トップシェード:
真鍮ヘアライン仕上(無塗装)、内側は白色仕上げ. ミドルシェードおよびボトムシェード:
乳白ハンドメイド三層吹きガラス. フランジ:真鍮ヘアライン仕上(無塗装)
サイズ: Ø287 mm. H307 mm. 全長1825mm. 取付: 引掛シーリング取付型.白色コード.
フランジ付. 電球の大きさに応じてランプ位置調整可能. 質量: 2.1 kg. 保護クラス: IP20. 室内用.
製品価格: ¥246,400(税抜価格¥224,000)

ガラスのトップ(別売り)を一緒にお求めいただくとガラストップへも変更可能です。

PH 3/2 真鍮ガラステーブル リミテッド

サイドボードや窓辺に置くだけで、心地の良い雰囲気を生み出します。ペン
ダントランプ同様に、トップシェード、支柱、本体スイッチ、そしてベースには、
なめらかなヘアライン仕上げの真鍮(無塗装)が採用されています。

点灯スイッチにはケーブルではなく本体に真鍮製のスイッチが採用されています。

仕様:PH 3/2 真鍮ガラステーブル リミテッド

デザイン: ポール・ヘニングセン ランプ: E17 LED電球(白熱電球40W相当)
材質: トップシェード、トッププレート、支柱、ベース:真鍮ヘアライン仕上(無塗装)ミドルシェード
およびボトムシェード:三層吹きガラス.仕上: トップシェード:真鍮ヘアライン仕上(無塗装)、
内側は白色仕上げ. ミドルシェードおよびボトムシェード:乳白ハンドメイド三層吹きガラス.
トッププレート、支柱、ベース:真鍮ヘアライン仕上(無塗装)
サイズ: Ø290mm. H469mm. 取付: 白色テキスタイルコード.2.8m.本体スイッチ.
質量: 2.8 kg 保護クラス: IP20. 室内用.
製品価格: ¥267,300(税抜価格¥243,000)

真鍮無塗装仕上げについて

無塗装金属の表面は、時の経過とともに変化し風合いをおびていきます。開梱時すでに変色や斑点などが見られ
ますが、素材本来の性質であり、製品不良ではございません。取り付け時、あるいは使用し始めて間もないうちに表面
に手が触れると、指紋などの跡が目立つ場合がありますが、時とともに表面は均質に変化しますので、ご安心ください。

デザイナー ポール・ヘニングセンについて

ポール・ヘニングセンとルイスポールセン社とのコラボレーションは1925年
に始まり、1967年に亡くなるまで続きました。ルイスポールセン社は、今日
もへニングセンの天才の恩恵を受けています。ポール・へニングセンがパイ
オニアとして切り開いてきた照明分野の業績―影と光、グレア、光による色
の再現、そしてそれら光の特性を人間の福利に結びつくように利用するこ
とは、いまもルイスポールセン社が実践するライティング・セオリーの基礎
となっています。光をかたちづくる、というルイスポールセン社のデザインは、
1926年にポール・ヘニングセンが完成させた3枚シェードシステムのPHラ
ンプが持つ、デザインと光の二重性に遡ることができます。光と影、フォル
ムと機能、モダンとクラシック。光と製品のクオリティーの高さは、クラフツ
マンシップと新しいテクノロジーの両立で保たれます。対数螺旋構造を用
いてシェードの曲線から均一に配光されるようになり、よりシェードの曲面
全体にわたってなだらかな配光を得ることに成功した。シェード内面が
反射する拡散光と合わさって、グレア(眩しさ)と影のコントロールを可能に
しました。